ひとこま

豆まき会

2019年3月25日

2月1日金曜日に豆まき会がありました。
 各クラスで作ってきた鬼のお面をつけて
 ホールに集まってきた子どもたち。
 「どんな鬼がくるのかな?」「本当に鬼が来るのかな?」と
 子どもたちのドキドキが高まってきたところで、
 豆まき会のはじまりです!

最初に、なぜ節分の日に豆をまくのかの劇を見ました。
 そこででてきたのが泣き虫鬼・怒りんぼう鬼・いやいや鬼。
 みんなが1年健康に過ごせるように願いをこめて、
 この鬼さんたちをやっつけようというお話を聞くと、
 子どもたちの表情も真剣になっていきました!

その後節分についてのクイズをしていると・・・

そこに1枚の巻物が!
 中をのぞいてい見るとそこには鬼から、
 「もうすぐあいにいくぞ」とのメッセージが書いてありました。

子どもたちは少し驚きながらも
 「自分たちの鬼をやっつけよう」という気持ちで
 「まめまき」を元気に歌い、それぞれのお部屋に戻りました。

そしてどのお部屋も準備ができたところで、ついに鬼の登場です!
 今年は赤鬼・青鬼の2匹がものすごい迫力で松涛保育園に来ました。

いざ鬼が登場すると体が固まり、顔がひきつり、
 逃げ回る子や大泣きする子などさまざまでしたが、
 しっかり『鬼はー外!福は―内!』と鬼に豆をぶつけて
 鬼退治をしてくれました☆

その後、鬼が逃げていくと福の神がおやつを持ってきてくれました!

「もう鬼さんやっつけたね」と安心した様子の子どもたち。
 ほっとしながら福の神からもらったゼリーを食べていました♪
 三国松涛保育園の子どもたちが今年も健康で元気にすごせますように☆